太陽電池モニタリングセーフティ

ソーラーエッジモニタリングポータル

ソーラーエッジパワーオプティマイザを使えば、モジュールレベル、ストリングレベルおよびシステム全体の太陽電池モニタリングを行うことが可能になります。太陽光発電量を常に最大化しつつメンテナンスにかかる費用と時間を削減し、太陽電池モジュールの個別および全パフォーマンスが測定され、これらのデータは既存の電力線を介して送信されます。

ソーラーエッジモジュールモニタリングポータルを利用すれば、モジュールレベルのパフォーマンスのモニタリング、障害検知、現場およびリモートからの正確なトラブルシューティングを行える仮想サイトマップとして利用できる自動警報機能を通じて、先進的な太陽光発電システムのメンテナンスと収益の確保を行うことができます。あらゆる種類のブラウザからウェブベースのモニタリングポータルにアクセスできます。また、AndroidスマートフォンやiPhone、iPad、Opera MobileやFirefox Webブラウザを使用するタブレットからもアクセスできます。

ソーラーエッジセーフティモニタリングインタフェース (SMI、Safety and Monitoring Interface) は、ソーラーエッジパワーオプティマイザに接続されたサードパーティのパワーコンディショナのモジュールレベルのモニタリングを行います。ソーラーエッジモニタリングポータルを利用するには、ソーラーエッジパワーコンディショナまたはソーラーエッジセーフティモニタリングインタフェースが必要となります。

iOS用モニタリングアプリケーションを利用することで、iPhoneやiPadからリモートでモニタリングを行うことができます。