モジュールレベルの太陽電池モニタリング

ウェブベースのソーラーエッジモニタリングポータルは、先進的な太陽電池パフォーマンスモニタリングを可能とし、モジュール、ストリングおよびシステムレベルの障害検知・警報機能により確かな出力を可能にします。

データ送信のために、パワーオプティマイザとソーラーエッジのパワーコンディショナを別途ケーブルで接続する必要はありません。モニタリングセンサーとトランスミッターはソーラーエッジパワーオプティマイザに内蔵されています。測定データは通常の電力線を介して送信されます。

 

ソーラーエッジ住宅用モニタリングデモ動画(英語)

 

 

ソーラーエッジ産業用モニタリングデモ動画

 

特徴:

  • 単一または複数のソーラーエッジ太陽電池システムのパフォーマンスを技術的および財務的観点からモニタリング

  • すべての設置点を地図に表示

  • 個々のモジュールやシステム全体のリアルタイムでのパフォーマンスデータを表示し、太陽電池サイトを論理的かつ物理的に視覚化

  • 時系列の集約されたデータ表示、包括的な分析と診断、説明付き原因障害分析。すべてのデータはログとして保存されるため、いつでもどこからでも安全に確認や分析が可能

  • 物理レイアウトの作成が可能(下のチュートリアルをご参照ください)

  • サイトの発電量、収益および技術的ステータスに関する包括的レポートの生成

  • 迅速な障害検知、トラブルシューティング、効率的なメンテナンス管理およびサイトの収益性分析

  • 設定可能なルールエンジンによる問題検知、ステータスレポート、Eメールによるアラート送信

  • リモートサービスのサポート

  • インタラクティブな図表やレイアウトで、設置業者は設置後のシステムの正常動作確認が簡単に

  • プレイバック機能による特定の期間のサイトの発電量の視覚化

  • キオスクディスプレイ - (ビルのロビーなどの)公共空間に設置されたスクリーンに太陽電池サイトのパフォーマンスを表示

  • 過去12か月分のデータを10分単位で細かく視覚化

 

インテグレータ、設置業者、メンテナンス担当者およびシステム所有者は、これらの機能を利用することで、システムのダウンタイムを減らし障害をより効率的に解消することができるようになります。さらにサイトのパフォーマンスを改善し、システムの出力を確実にし、太陽光による発電量を最大化し、メンテナンス費用を削減することができます。

ソーラーエッジのモジュールレベルの(インターネット、スマートフォンなどによる)リアルタイムモニタリングは、25年間無料で提供されます。

 

 

関連文書